機械設計

Machine & Design

Interview

学生時代の経験を活かした
ものづくり(機械設計)

  • 部署 / 技術部
  • 担当業務 / 機械設計
  • 入社年 / 2014年6月

先輩やクライアントの求めるものを、正しく把握して形にする

featには2014年度の第二新卒として入社しました。大学では工学部に所属し、機械工学科で2D-CADを中心とした機械設計の勉強をしていました。
現在は技術部の機械設計部門にて、自動車のワイヤーハーネス設計を担当しています。

学生時代は「どんな人とでも楽しくおしゃべりする能力」がコミュニケーション能力だと思っていたので、自分が「コミュニケーションが得意なタイプ」だとは思っていなくて…正直不安はありました。 ですが、いざ実務に携わると新しく見えてくることが色々とがあり、今では苦手意識もなくなっています。 社会人に必要なコミュニケーション能力って、先輩やクライアントの求めるものを、正しく把握して形にすることなんですね。 そう気づいてからは、気持ちもすっと楽になりましたし、これからもどんどん磨いていきたいと思っています。

機械設計インタビュー写真01

時間をかけるべき所には適切な時間を、迅速に対応すべきことは迅速に

機械設計インタビュー写真02

そんな私も、入社後すぐに設計業務を始めたわけではなく、まずは産業用製造装置のハードウェアテスト(HQA)プロジェクトからスタートしました。 社会人経験がなく、技術の現場をまったく知らなかった当時の私にとっては、そこでの実務経験が今の設計業務に生きていますね。

featは、社員の先々の成長といった所を見据え、時間をかけるべき所には適切な時間をかけ。迅速に対応すべきことは、驚くほど迅速に。 そんな、メリハリある体制が特徴かと思います。機械設計技術者としてはまだまだ駆け出しですが、 いつか誰かに「あんなエンジニアになりたい!」と言ってもらえるような存在になりたいと思っています。

Schedule1日のスケジュール

08:30 /
・出社
・メールチェック&情報展開
09:00 /
始業:当日の作業内容確認と準備
09:30 /
設計業務
12:00 /
お昼
13:00 /
設計業務
16:30 /
出図チェック
17:00 /
プロジェクトリーダーと打ち合わせ
17:45 /
進捗状況確認&報告
18:00 /
終業:明日以降の方向性確認&帰宅
帰宅後 /
・家族と夕食
・録画していたTV番組のチェック
・3D-CADの勉強
・模型作り