ソフトウェア

Software

Interview

自分の担当した製品が、努力の成果

  • 部署 / 技術部
  • 担当業務 / ファームウェア評価業務
  • 入社年 / 2015年8月

スキルの向上をきちんと把握できる

ソフトウェアテストエンジニアとして技術部に所属し、デジタルカメラのファームウェア評価を担当しています。 新機種ごとに追加される技術を正しく把握する努力は必要ですが、回数を重ねるごとに、スキルの向上をきちんと把握できるのは、やはり楽しいですね。担当した製品が新商品として量販店に並ぶ姿をみかけると、努力の成果をより一層実感できます。

ソフトウェアインタビュー写真01

やるべきことをきちんとこなし、着実に成果をだしていくこと

ソフトウェアインタビュー写真02

テストの対象は世の中に発売される前段階の製品です。この仕事の魅力は、常に最先端の技術と向き合える環境にあることだと思っています。大切なのは、やるべきことをきちんとこなし着実に成果をだしていくという、仕事に対してのごく自然な意識。向上心をもって、コツコツと努力を積み重ねられる方であれば、資質をより存分に発揮できると思います。ソフトウェアエンジニアのお仕事は、まず製品の仕様と特性を把握することからはじまりますので、業務を通じて得た知識はかならず日常にも役立ちます。仕事と私生活の両方を等しく充実させるということは、人間らしくあたり前の生活を送る為にとても大切なことではないでしょうか。

Schedule1日のスケジュール

09:00 /
出社~メールチェック
昨日までの進捗確認
スケジュール修正
09:30 /
テスト業務開始
12:00 /
お昼休み
13:00 /
テスト業務再開
17:30 /
本日の進捗確認&報告
翌日のスケジュールを組み立てる
17:45
退勤(時々残業1時間程度)
19:00 /
帰宅
帰宅後 /
日によって下記の事を行ってます。
・資格取得のための勉強
・趣味の模型作り
・ランニング・水泳・筋トレ

ソフトウェア

Software

Interview

ワークライフバランスをあきらめない

  • 部署 / 技術部
  • 担当業務 / 先行技術開発・業務アプリケーション評価
  • 入社年 / 2008年9月

品質確保には、常に慎重な判断が必要です

社内では先行技術開発チームに所属し、テストの技術収集と研究開発を進めながら、エンジニアとしては業務用アプリケーションのテスト設計と取りまとめを担当しています。品質確保のお約束を使命とするソフトウェアテストエンジニアは、どのようなテスト設計・テスト手法を選択するか。限られた期間と環境の中で、常に慎重な判断をしなければなりません。そういったプレッシャーの中でも、予測した条件で不具合を発見できた時の喜びは格別ですし、未知の機能や先進技術をいち早く学べることも、欠かせない魅力だと思います。

ソフトウェアインタビュー写真03

より豊かな人生を送るために

ソフトウェアインタビュー写真04

featは上下の隔たりが少なく社員も皆フレンドリーな為、風通しのよさはすぐに実感いただけると思います。育児休業や子育てをしてながら働いているメンバーが沢山いますし、私自身もつい最近まで1年6ヵ月の育児休業を取得しました。育児のみならず、ご家族の介護や個人の趣味・生きがいなど、多様な生き方を応援してくれる会社なので、他の誰でもないご自分だけのステージをfeatの中に見出していただければ嬉しいですね。featでのお仕事はきっと、より豊かな人生を送るための素晴らしいパートナーになれると思っています。

Schedule1日のスケジュール

出社前 /
・子のおむつ、洋服替え、検温、登園、出社準備
・子と一緒に食事
・保育園に子を預けた後通勤
10:15 /
・出社
・メールチェック、メンバー等への返信
・来週までのスケジュール、見通し確認
・本日の仕事の優先順位決め
10:30 /
業務開始
12:00 /
お昼
13:00 /
打ち合わせ
14:00 /
本日の進捗確認。優先順位見直し等
15:00 /
休憩(10分程)
19:00 /
報告・明日の作業予定検討
19:15 /
終業
20:45 /
食事・帰宅
帰宅後 /
・子の遊び相手、絵本読み聞かせ、寝かし付け
・洗濯(妻もフルタイムで働いているので役割分担)
・趣味の学習(放送大学の録画確認。)

ソフトウェア

Software

Interview

より適切なノウハウを作り出す

  • 部署 / 技術部 (名古屋支部統括)
  • 担当業務 / ファームウェア評価
  • 入社年 / 2015年6月

すべての状況に適用できる完璧なノウハウはありません

これまではウォーターフォール開発型のテストを担当していましたが、現在はアジャイル開発型のテスト設計・評価を担当しています。現在のプロジェクトはこれまでの経験とは異なる形式の為、過去の経験を改めて見直すことも必要となっています。どんな仕事でもそうですが、すべての状況に適用できる完璧なノウハウはありません。プロジェクトごとの特徴を正しく認識し、より適正なノウハウを作りだすことこそが大切ですし、難しさも楽しさも見いだせる部分だと思います。

ソフトウェアインタビュー写真05

スキルのある人、仕事ができる人は世の中に沢山いる

ソフトウェアインタビュー写真06

私がこの業界に入った頃は、テストの重要性が今ほど世の中に浸透していなかった為、featの存在は驚きでした。「TESTOLOGY」というブランドを掲げ、より高い価値をうみだそうとする強い意思と真摯な姿勢に共感できたのが、入社のきっかけです。スキルのある人、仕事ができる人は世の中に沢山いると思います。ですが、どんな仕事も自分ひとりのみのチカラで完結することはできません。featの企業理念「クアドラプルWIN」にあるように、仕事をする全員が豊かであるとき、個人の真価も発揮できると信じています。

Schedule1日のスケジュール

10:00 /
・出社
・ソフトウェアテスト業務
・テストケース作成業務
12:00 /
お昼休み…近頃は、パン多め
13:00 /
ソフトウェアテスト業務
15:00 /
・テスト設計
・課題検討・ドキュメント整理
16:30 /
ソフトウェアテスト業務
18:30 /
作業報告作成、ミーティング
19:00 /
帰宅
帰宅後 /
・読書:喫茶店での読書
・紅茶:自宅での紅茶は、MARIAGE FRERESお気に入り